電動自転車のおすすめランキング!子供を乗せるなら安全性重視です!

子育て
スポンサーリンク

 

保育園や幼稚園の送り迎えや毎日のお買い物など。

子供を乗せて自転車を漕ぐのってけっこう大変ですよね。

バランスを取るのが苦手だったり、脚力や腕力が弱かったりするママにはかなりの重労働。

もっと楽したいって思うときに・・・頭に浮かぶのは電動自転車じゃありません?

漕ぐ力が少なく済むので疲れませんし、無理しないぶん子供も自転車に乗っていて安全です。

 

しかし、電動自転車って普通の”ママチャリ”に比べれば思いっきり高いです!

だからといっていざ買う時は、安物を選ぶのはやめときましょう。

中途半端なヤツを買うのが一番失敗するパターンです。

 

ふだん子供を乗せてあちこち行くママさんに、おすすめの電動自転車って何より安全なこと。

子供の安全を一番に考えましょう。

ポイントはいくつかあるのでこのあと説明していきますね。

 

その上でどんなものがおすすめなのか?

おすすめの電動自転車をランキングでご紹介!

安心なのはやっぱり日本の有名メーカーであるパナソニック・ブリジストン・ヤマハですね。

 

 

スポンサーリンク

子供乗せの電動自転車 選ぶ時のポイントは?

 

子供を乗せてあちこち行くことが多いママさんが電動自転車を選ぶ場合。

頭に入れておきたい大切なことがいくつかあります。

そのポイントを説明しておきますね。

 

タイヤサイズは20インチがおすすめ!

 

お子さんを乗せるならタイヤサイズは20インチがおすすめです。

電動自転車には26インチ、24インチ、20インチのタイヤサイズがありますが、重心が高いとふらつきやすくなって不安定。

自転車の重さだけで30kg以上あるので安定感のある小径車が安心できます。

方向転換や押して歩いたり、スタンドを立てる時など楽になります。

あと、お子さんを乗せる時も車高が低いほうが断然良いですね。

 

チャイルドシートは前?後ろ?どちらが良い?

 

チャイルドシートを選ぶ時は、前(フロントチャイルドシート)に取り付けるのか、後ろ(リヤチャイルドシート)に取り付けるのか?

それぞれのメリット・デメリットを考えて選びましょう。

☑フロントチャイルドシートのメリット・デメリット

フロントチャイルドシートのメリットは、お子さんの様子を絶えず見ることができると言うことです。
小さいお子さんは常に注意が必要ですからね。
デメリットは、ハンドル操作が重くなることと乗せ降ろしが不安定になること。
あとお母さんの姿が見えないので不安になる子もいるかもしれません。
1~4才未満、体重15kg以下のお子さん向けです。

☑リヤチャイルドシートのメリット・デメリット

リヤチャイルドシートのメリットは、走行時に安定性があり乗せ降ろしも楽なこと。
そしてお子さんも常にお母さんを見ることができるので安心できます。
デメリットは、自転車に乗っているお子さんの様子を見れないこと。
2~6歳未満の体重20kgぐらいまでのお子さん向けです。

小さいお子さんはフロントチャイルドシートが安心。安定感と何年も使うことを考えるとリヤチャイルドシートが良いでしょう。

3f44daae50ff4e3b7682409754436732_s

 

バッテリーは?

 

バッテリーを選ぶ目安としては容量が大きい物を選びましょう。

容量は〇〇Ahで表示されています。(電流(A)×時間(h)の値で、バッテリーに蓄えられる電気の量を表しています。)

フル充電で走れる走行距離を参考に。充電に掛かる時間も見ておきたいですね。

基本的に容量が大きいほうが充電回数が少なくなるので長持ちします。

 

安いものもあるけどだめ?

 

数万で買える電動自転車はたいていアシスト力が弱いです。

ないよりはマシですが、せっかく買うのならしっかりとしたアシスト力があるものにしましょう。

12~14万円くらいでしっかりとしたアシスト力で充実した装備の電動自転車が買えます。

小さなお子さんを乗せるなら安全性重視!これくらいの金額を出し惜しみしてはいけません。

 

それでは、タイヤサイズが20インチで、前か後ろにしっかりしたチャイルドシートが着いていて、バッテリーが十分な容量で、それなり高いけどその中でも手頃な価格で買える電動自転車は?

おすすめの子供乗せ電動自転車をランキングでご紹介していきます♪

 

第1位 [パナソニック] ギュット アニーズ DX

2018y07m19d_191220339

画像出典:http://cycle.panasonic.jp

おすすめ第1位はパナソニックの「ギュット アニーズ DX」

多くのママ達に支持されている電動自転車です。

リア(後部)に設置されている豪華かつ安心感があるチャイルドシートが評判で、その座り心地に子供たちもご満悦♪

あまりの心地の良さに”降りたくない~”ってなっちゃうかも。

ハンドルの回転でふらつきにくい設計で、その他機能も充実です。

特徴

●車高・車重・タイヤサイズ

前後20インチのタイヤサイズで安定した重心なので前にチャイルドシート(オプション)を取り付ければ子供2人を乗せられます。
重さ34.0kg。サドルの高さはいちばん低くして73.5cmなので150cmくらいの女性ならしっかり足が着くでしょう。

●バッテリー容量

バッテリー容量16.0Ahで充電時間は約5.0時間。走行距離にすると、パワーモード(パワフルなアシスト力必要な時)で約50km、オートマチックモード(走行条件でアシスト力を自動制御)で約60km、ロングモード(走行条件でアシスト力を自動制御しますがアシスト力を抑えます)で約80kmの走行が可能です。

標準価格¥139,000(税抜き)

 

第2位 [パナソニック] ギュット ミニDX

2018y07m19d_191301091

画像出典:http://cycle.panasonic.jp

おすすめ第2位はパナソニックの「ギュット ミニDX」

お子さんの乗せ降ろしが楽な低重心のモデルです。

評判のチャイルドシートはフロントに設置。5点止めの巻き取り式シートベルトを採用し座り心地が抜群でハンドルの回転でふらつきにくい設計。その他機能も充実です。

前にいるお子さんの様子をしっかり見れるので、1~2歳くらいの小さい子供を持つママたちに人気のようですね。

特徴

●車高・車重・タイヤサイズ

前後20インチのタイヤサイズで安定した重心なので後ろにチャイルドシート(オプション)を取り付ければ子供2人を乗せられます。
重さ33.3kg。サドルの高さはいちばん低くして72.5cmなので150cmくらいの女性ならしっかり足が着くでしょう。

●バッテリー容量

バッテリー容量16.0Ahで充電時間は約5.0時間。走行距離にすると、パワーモード(パワフルなアシスト力必要な時)で約50km、オートマチックモード(走行条件でアシスト力を自動制御)で約60km、ロングモード(走行条件でアシスト力を自動制御しますがアシスト力を抑えます)で約80kmの走行が可能です。

標準価格¥142,000(税抜き)

 

第3位 [ヤマハ] PAS Babby un(パスバビーアン)

2018y07m19d_191622436

画像出典:https://www.yamaha-motor.co.jp

おすすめ第3位はヤマハの「PAS Babby un(パスバビーアン)」

こちらはスタイルやカラーがおしゃれなので人気となっています。

チャイルドシートは後部に設置されていて、とてもしっかりとした造りになっています。

特徴

●車高・車重・タイヤサイズ

前後20インチのタイヤサイズで安定した重心なので前にチャイルドシート(オプション)を取り付ければ子供2人を乗せられます。
重さ30.7kgと軽量。サドルの高さはいちばん低くして73.0cmなので150cmくらいの女性ならしっかり足が着くでしょう。

●バッテリー容量

バッテリー容量は12.3Ahでフル充電しで約3.5時間。パワーモードで約40km、標準で約50km、オートエコモードで約58kmの走行が可能です。

標準価格¥134,000(税抜き)

 

第4位 [ブリヂストン] ビッケ ポーラー e

2018y07m19d_192559534

画像出典:http://www.bscycle.co.jp

おすすめ第4位はブリジストンの「ビッケ ポーラー e」

こちらは足元に空間があるので乗り降りがとてもスムーズで安心。

車高が低いので身長が低い方におすすめ。

チャイルドシートはフロントにあり、子供がゆったり座れる設計となっています。

特徴

車高・車重・タイヤサイズ

前後20インチのタイヤサイズで安定した重心なので後ろにチャイルドシート(オプション)を取り付ければ子供2人を乗せられます。
重さ30.6kgと軽量。サドルの高さはいちばん低くして70.0cmなので140cmくらいの女性でもしっかり足が着くでしょう。

●バッテリー容量

バッテリー容量15.4Ahでフル充電しで約4.0時間。パワーモードで約56km、標準で約63km、オートエコモードで約78kmの走行が可能です。

標準価格¥137,800(税抜き)

 

第5位 [ブリヂストン] ビッケ モブ e

2018y07m19d_192610433

画像出典:http://www.bscycle.co.jp

おすすめ第5位はブリジストンの「ビッケ モブ e」

スマートでスッキリしたキレイな形の電動自転車です。

チャイルドシートは後部に設置されていて、とても安定感のあるコンパクトな造りとなっています。

特徴

●車高・車重・タイヤサイズ

前後20インチのタイヤサイズで安定した重心なので前にチャイルドシート(オプション)を取り付ければ子供2人を乗せられます。
重さ33.7kg。サドルの高さはいちばん低くして73.5cmなので150cmくらいの女性でもしっかり足が着くでしょう。

●バッテリー容量

バッテリー容量12.3Ahでフル充電しで約3.5時間。パワーモードで約45km、標準で約54km、オートエコモードで約61kmの走行が可能です。

標準価格\133,800(税抜き)

 

第6位 [ヤマハ] PAS Kiss mini un (パスキスミニアン)

2018y07m19d_193105055

ヤマハ発動機株式会社:製品情報
「感動創造企業」ヤマハ発動機のオフィシャル製品サイトです。バイク、電動バイク、電動アシスト自転車、マリン製品、発電機、除雪機などの製品情報をご紹介いたします。

おすすめ第6位はヤマハの「PAS Kiss mini un (パスキスミニアン)」

第3位でご紹介した「PAS Babby un(パスバビーアン)」同様、スタイルやカラーがおしゃれなので人気となっています。

こちらはチャイルドシートがフロントにあり、すっぽり包まれるような”コクーンルーム”搭載。

これ以上無い安心のチャイルドシートです。

特徴

●車高・車重・タイヤサイズ

前後20インチのタイヤサイズで安定した重心なので前にチャイルドシート(オプション)を取り付ければ子供2人を乗せられます。
重さ30.3kgと軽量。サドルの高さはいちばん低くして73.0cmなので150cmくらいの女性ならしっかり足が着くでしょう。

●バッテリー容量

バッテリー容量は12.3Ahでフル充電しで約3.5時間。パワーモードで約40km、標準で約49km、オートエコモードで約60kmの走行が可能です。

標準価格¥140,000(税抜き)