胸下ロングは男ウケ抜群!魅力的な髪型にするコツとは?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

男ウケ
スポンサーリンク

胸下ロングは女性らしさ清潔感を感じさせる髪型です。

男性からの好感度も高く、モテる髪型として人気があります。

しかし、ただ長いだけでは重たく見えたり、手入れが大変だったりすることもあります。

そこで、この記事では胸下ロングの魅力と、男ウケする髪型にするためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

胸下ロングの魅力とは?メリットを解説

胸下 ロングヘアー

女性にとって髪は命。美しさを表現する重要な存在です。

胸下ロングは髪の毛が胸の下まであるロングヘアーのことを指しますが、

ロングヘアーは女性の憧れ、そして男性にとっても理想の女性像を思わせる髪型です。

胸下ロングは女性にとっても男性にとっても魅力的な髪型と言えます。

 

男ウケ抜群!胸下ロングのメリット

胸下ロングにすることのメリットはたくさんありますが、そのうちの幾つかを解説しておきましょう。

  • 女性らしさが強調される
  • 清潔感や健康的なイメージが与えられる
  • 顔の形や骨格をカバーできる
  • アレンジの幅が広い

 

女性らしさが強調される

胸下ロングは髪の毛が豊かに流れることで女性らしい柔らかさや優しさを感じさせます。
また、髪の毛が肩や胸に触れることで色気やフェロモンも漂わせます。
男性は女性らしい髪型に惹かれる傾向があるので、胸下ロングは男ウケする髪型と言えます。

 

清潔感や健康的なイメージが与えられる

胸下ロングは髪の毛が長くてもきちんと手入れされていることを示します。
髪の毛がツヤツヤでサラサラ。こんな女性には清潔で健康的なイメージを受けるでしょう。
男性は清潔感や健康的な女性に安心感や信頼感を感じます。

 

顔の形や骨格をカバーできる

胸下ロングは髪の毛が顔の周りにかかることで顔の形や骨格をカバーできます。
顔が大きい、丸い、面長、エラ張りなど、自分の顔にコンプレックスを持つ女性にとっては、胸下ロングは救世主となるでしょう。
髪の毛で顔のバランスを整えることで男性にも好印象を与えることができます。

 

アレンジの幅が広い

胸下ロングはアレンジの幅が広いです。
髪の毛が長いのでストレート、カール、ウェーブ、アップスタイル、ハーフアップ、三つ編み、お団子など、様々な髪型に挑戦できます。
その日の気分やシーンに合わせて髪型を変えることで、男性にも新鮮な印象を与えることができます。

 

胸下ロングにデメリットはある?

胸下ロングの手入れやケアには注意が必要。

魅力的な髪型ですがデメリットもあります。

  • 手入れが大変
  • 髪の毛が絡まりやすい
  • 暑い季節には不快感がある
  • 重たくて疲れやすい

 

手入れが大変

胸下ロングの最大のデメリットは手入れが大変であるということ。
髪の毛が長いとシャンプーやトリートメントに時間がかかります。
また、髪の毛が絡まりやすくなりますし、乾くのも時間がかかります。
傷んだりパサついた髪は不潔でだらしないという印象を与えてしまうので、綺麗に保つためには定期的なカットやケアが必要となります。

 

【トリートメントやヘアマスクをする】
トリートメントやヘアマスクは髪の毛に栄養や水分を補給することで髪の毛のダメージを修復し、ツヤや柔らかさを与える効果があります。髪の毛が長いと毛先が傷みやすくなるので、定期的なトリートメントやヘアマスクで髪の毛をベストな状態に保ちましょう。
【ヒートプロテクトをつける】
髪の毛が長いと乾かすのに時間がかかり、乾燥や切れ毛や枝毛の原因となります。髪の毛を乾かす前にヒートプロテクトをつけると、ドライヤーやアイロンなどの熱による髪の毛のダメージを防ぐ効果があります。

 

髪の毛が絡まりやすい

胸下ロングは髪の毛が絡まりやすいというデメリットがあります。
髪の毛が絡まると痛みや抜け毛の原因になりますし、髪の毛が絡まると形が崩れたりまとまらなくなったりします。
絡まらないようにするためにはブラッシングやオイルなどでこまめにケアする必要があります。

 

【髪の毛を寝る前に結ぶ】
髪の毛を寝る前に結ぶと絡まったり寝癖がついたりするのを防ぐ効果があります。優しく梳かしてからゴムやクリップなどで緩く結んでから就寝しましょう。これをやるだけで髪の毛のまとまりとツヤを保つことができます。

 

暑い季節には不快感がある

胸下ロングは暑い季節には不快感があるというデメリットがあります。
髪の毛が長いと首や背中に髪の毛が触れて暑くなりますし、汗や皮脂が髪の毛に付着してベタついたり臭ったりもします。
暑い季節を快適に過ごすには、髪の毛をアップにしたり涼しげなカラーにしたりなど、快適に過ごす対策を考える必要があります。

 

重たくて疲れやすい

胸下ロングは重たくて疲れやすいというデメリットがあります。
髪の毛が長いと髪の毛の重さが首や肩に負担をかけますし、髪の毛が邪魔になって動きにくくもなります。
慣れるまでは頭痛や肩こりなどの症状が出ることもあるので注意したいですね。
そんな時は髪の毛にレイヤーを入れて、重たい髪を軽くすると良いかもしれません。

 

男ウケする胸下ロングにするためのコツ

ロングヘアーにするコツ

胸下ロングは魅力的な髪型ですが、ただ長いだけではいただけません。。。

男ウケする胸下ロングにするためには、以下のような手入れのコツがあります。

  • 髪の毛の状態を良くする
  • 髪の毛の色を選ぶ
  • 髪の毛の量やレイヤーを調整する
  • 髪の毛の動きや質感を出す
  • 髪の毛のアクセントをつける

 

髪の毛の状態を良くする

胸下ロングは髪の毛のダメージが目立ちやすいので、定期的にトリートメントやヘアマスクをして髪の毛の状態を良くしましょう。
また、毛先の枝毛や切れ毛はカットしてきれいなラインを保つことも大切です。

created by Rinker
JILL by JILLSTUART(ジル バイ ジルスチュアート)
¥3,348(2024/07/18 00:33:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

髪の毛の色を選ぶ

胸下ロングは髪の毛の色が印象を左右するので、自分の肌色や雰囲気に合った色を選びましょう。
男ウケするカラーはナチュラルなブラウン系やベージュ系がおすすめです。
派手なカラーは似合わない可能性があるので避けるようにしましょう。

 

髪の毛の量やレイヤーを調整する

胸下ロングは髪の毛の量が多すぎると重く見えますし、少なすぎるとペタッとするので髪の毛の量を調整することが大切です。
髪の毛の量が多い人は、顔周りや毛先にレイヤーを入れて軽さと動きを出しましょう。
髪の毛の量が少ない人は、ワンレングスに近いカットでボリューム感を出すと良いですね。

 

髪の毛の動きや質感を出す

胸下ロングは髪の毛の動きや質感があるとより女性らしく見えます。
髪の毛の動きを出すには、ヘアアイロンやヘアカーラーで毛先を内巻きや外ハネにすると良いでしょう。髪の毛の質感を出すには、ヘアオイルやヘアワックスなどのスタイリング剤を使ってツヤ感や束感を出すと良い雰囲気になります。

created by Rinker
ナプラ
¥2,990(2024/07/18 00:33:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

髪の毛のアクセントをつける

胸下ロングは髪の毛のアクセントをつけると単調にならずに華やかに見えます。
髪の毛のアクセントには、ヘアピンやヘアバンドやヘアゴムなどがおすすめです。
色やデザインはシンプルで上品なものを選びましょう。
また、前髪を作ったり分け目を変えたりするだけでも雰囲気が変わります。

 

まとめ

胸下ロングは女性らしさや色気を感じさせる髪型ですが、男性にも好印象を与えることができます。

しかし、ただ長いだけではなく、髪の質やスタイリングにも気を配る必要があります。

胸下ロングの魅力(メリット)は、

・女性らしさが強調される
・清潔感や健康的なイメージが与えられる
・顔の形や骨格をカバーできる
・アレンジの幅が広い

ただ、以下のデメリットもあります。

・手入れが大変
・髪の毛が絡まりやすい
・暑い季節には不快感がある
・重たくて疲れやすい

どれだけ手入れをしてキレイな髪を見せれるのか?

それが男ウケするコツですね。